HOME申請方法について【副産物システム】H22年度利用更新の案内を開始しました。 - 排出事業者 -
【副産物システム】H22年度利用更新の案内を開始しました。 - 排出事業者 -

建設副産物情報交換システムのご利用期間は、今年度の末日(2010年3月31日まで)となります。 次年度の利用更新のご案内を順次メールにて送信していますので、メールがお手元に届きましたら以下の手順に沿って、次年度の利用更新のお手続きをしてください。

また、年度更新についてのよくある質問は、こちらを参照してください。

こちらの送信は3月19日で完了しました。


[メール送信スケジュール]

・第1回  (2/16〜送信開始)・・・2010/1/31までに加入されたユーザ




3/16 送信完了しました。



・第2回  (3/18〜送信開始予定)・・・2010/2/1〜2/28に加入されたユーザ




3/19 送信完了しました。




・第3回  (3/19〜送信開始予定)・・・2010/3/1以降に加入されたユーザ




3/19 送信完了しました。





なお、メールの件名は、『【重要】平成22年度「建設副産物情報交換システム」利用更新のご案内』で送っております。

また、まだ届いていない方は当センターまでご連絡ください。

2月16日より順次メールにて送信している「建設副産物情報交換システム 更新確認書」に必要事項を記入後、当センターまでFAXしてください。(下記手順参照)

FAX番号をお間違えにならないようにご注意ください。


手順

今年度欄(左欄)に今年度申請いただいた内容が記載されています。来年度の申請内容に修正のある場合は次年度欄(右欄)に修正内容をご記入ください。
手順

平成22年度利用料金の請求先をご記入ください。
請求内容が申請内容と同一の場合は、請求内容の記入の必要はありません。
手順

「建設副産物情報交換システム 更新確認書」を当センターへFAXしてください。
FAX番号をお間違えにならないようにご注意ください。



・更新の手続きを行わなかった場合
当該年度の3月31日までに、お手続きいただかない場合は、利用更新を行わないものとみなし、3月31日をもって利用停止といたします。 なお、後日利用する必要が生じた際には、改めて更新手続きをおとりしますので当センターまでご連絡ください。

▲TOP

当センターより次年度分の利用料金の請求書を送付します。利用料金についてはこちらでご確認ください。


▲TOP

請求書に記載された当センター指定口座へ入金を行ってください。



・ご入金について
必ず請求書がお手元に届いてからご入金を行うようにしてください。入金の際は必ず、請求書に記載された請求番号を入力してください。



▲TOP

当センターで入金の確認後、3月下旬よりメールで利用通知を送付します。


▲TOP