工事登録証明書の出力方法について


 建設副産物情報交換システムに、工事の情報を登録すると「工事登録証明書」の出力が可能になります。
 工事登録証明書の出力方法は、以下の手順をご参照ください。

 [工事登録証明書出力についての注意点]
  • 副産物システムに登録されている工事のみ出力可能です。

  • 該当工事の上位調査区分が出力されます。

  • ファイル出力時や解凍時に上書き保存を聞かれる場合、上書きが行われない事があります。

  • 工事登録証明書に記載される作成日は、ファイルを出力した日付が記載されます。
              
■工事登録証明書の印刷出力
「排出事業所情報」画面(トップ画面)の上部にある『工事検索』ボタンをクリックします。













   










「工事検索条件」画面の下部にある『確定』ボタンをクリックします。

!!検索条件について!!
 検索条件の指定内容によっては登録した工事情報が表示されない場合があります。検索条件を全て「指定無し」にして全工事を表示させることを推奨します。





   
『工事概要一覧』画面に検索条件に一致した登録工事の一覧が表示されます。



   
『工事概要一覧』画面を一番右までスクロールします。




   
該当工事データの、画面一番右の「登録証明書」欄にある『印刷』ボタンをクリックすることで、工事登録証明書がダウンロードされます。

!!ファイル形式について!!
 工事登録証明書はダウンロードされた「KJ(数字)R.exe」というファイルをダブルクリックすることで解凍した、「regist.pdf」というファイルになります。