HOME申請方法についてH20年度利用更新方法について - 排出事業者 -
H20年度利用更新方法について - 排出事業者 -

建設副産物情報交換システムのご利用期間は、平成20年3月31日までとなります。
これにともない、「平成20年度建設副産物情報交換システム利用更新」のご案内について、平成20年2月13日よりメール送信を開始します。
更新案内の送信対象は、平成19年12月末までにご加入いただいた、排出事業者様となっております。
この分については、3月11日をもって送信を完了します。

平成20年1月以降からのご加入いただいた、排出事業者様につきましては、3月11日に送信を開始します。

また、全排出事業者様への送信完了までにはお時間がかかります。送信まで今しばらくお待ちください。
送信を完了した際には、HP上でご案内をいたしますので、お手元に届いていない場合はお問合せください。
更新方法については、下記をご覧ください。

 この件についての対応は、3/12で送信を完了いたしました。 
    
〜送信されるメールアドレスについて〜
ご案内のメールは、建設副産物情報交換システムにログインいただくと表示される「排出事業所情報」画面に記載されたメールアドレス宛てとなります。





■更新方法


手順

メールにPDF形式の「平成20年度利用更新のご案内.pdf」を添付し送信しています。
まずは、デスクトップなどに保存してください。

手順

平成20年度利用更新のご案内.pdfを開きます。アクロバットリーダーが起動します。

手順

1ページ目で今回の更新についてのご案内を記載しております。
内容をご確認ください。

手順

2ページ目が「別紙1 建設副産物情報交換システム 平成20年度更新確認書」となって
います。この2ページ目を印刷してください。

手順

印刷いただいた更新確認書の赤枠内は必ず記入・捺印してください。

手順

平成19年度の欄に記載された内容から変更がある場合は、平成20年度の欄へ
ご記入ください。ない場合は空欄で結構です。

手順

年度利用料金のご請求書送付先をご記入ください。上段の利用代表者様宛てに
送付してよろしい場合は、空欄で結構です。

手順

この欄には何も記入しないでください。

手順

最後に、記入内容と捺印を確認の上、03-3505-8872までFAXしてください。



▲TOP

■その後の流れ


手順

申請書をFAXいただいてから1週間程度で、請求書をご送付します。

手順

ご利用の金融機関より、お振込ください。

手順

お振込み後に、請求書に同封されている「平成20年度 入金確認書」に振込明細
などを貼り付け、当センターへFAX願います。
ファームバンキング・インターネットバンキングなどをお使いの場合は、入金確認書の
下部に、貴社ご利用記入機関名・支店・決済日を記載いただければ明細は不要です。

手順

金融機関からの通知をもって入金確認となります。
でFAXいただく入金確認書をもって入金確認とはなりませんのでご了承ください。

手順

3月下旬より、平成20年度電子証明書の送信を始めます。




〜お願い〜
年度末になり、完了工事がふえることから、操作方法などについてのお電話が多くなります。
誠に恐縮ですが、更新確認書をFAXいただいた後の、到着確認のお電話はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

なお、FAX送信後10日程たっても、請求書が送付されてこない場合は、お手数ですがお問合せください。 また、FAX送信異常及びエラーなどが発生し送信できない、PDFファイルが開けないなどのトラブルについても、お問合せください。

皆様のご協力をお願い申し上げます。



▲TOP